安い「ポリリン酸ホワイトニング(白い歯)」|石神井公園歯科クリニック|夜8時・石神井公園駅1分の歯医者

〒 177-0041
東京都練馬区石神井町3-25-3 本橋ビル201

  • 03-6913-268503-6913-2685
  • メール相談
受付時間
10:00〜13:00 × × ×
14:30〜20:00 × 〜17:30 × ×

休診日 木曜・日曜・祝日

キービジュアル

歯を白くして気持ちも明るく!

黄ばんだ歯を「薬剤」で理想の白さへ

歯科医院でのホワイトニングー「オフィスホワイトニング」

当院では「Tion」というオフィスホワイトニングを導入しております。このホワイトニングシステムの特徴と当院のオフィスホワイトニング体制をご紹介します。

特徴1.治療中・治療後の「痛み」や「知覚過敏」

一般的なホワイトニング
高確率で「しみたり」「痛み」が生じる
Tionホワイトニング
しみにくい、痛みが少ない

一般のオフィスホワイトニングでは、ハロゲンランプやプラズマランプの光源と薬剤の「熱反応」で白くしていたのですが、これが直接的な痛みを生みます。しかし、Tionホワイトニングではワンクッションとして、光触媒の薬液を塗布してからLEDライトによる「光化学反応」のため「しみる・痛む」ことはほとんどありません。

特徴2.「光沢」のある自然な白さを引き出します

一般的なホワイトニング
歯の表面をざらざらにして乱反射を起こすことで、歯を白くするため、歯の表面を荒らしてしまうという欠点がありました。
Tionホワイトニング
薬剤の成分で歯の表面がツルツルになり、透明感・光沢のある自然な白さを引き出します。また、歯質が強化され、着色や汚れも付きにくくなる効果もあります。
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後

治療の流れ

1.

当医院にて歯石の除去等を行い、お口の中をキレイに清掃します。
ホワイトニングは、虫歯や歯周病のない状態で行う治療で、比較的大きな虫歯があった場合は、ホワイトニングの薬液によって、痛みが誘発されて治療できません。歯周病がある場合は、歯茎からの出血により、血液が混じり、薬液の効果が出ません。ですので1回目は口腔内診査(歯石除去&PMTC)及びカウンセリングや食事制限の説明をいたします。これにより本来の歯の色に戻ります。

診断

  • 流れ
  • 流れ
  • 流れ
2.

歯の色を確認(シェードチェック)して終了です。

終了

自宅でのホワイトニング
-「ホームホワイトニング」

歯科医院でホワイトニング用のマウスピースを作成し、それにホワイトニング剤を入れ、ご自宅で行うホワイトニングです。

ホワイトニング剤

ホワイトニング

当医院ではウルトラデント社(米国)の「オパールエッセンス」というホームホワイトニング治療をご紹介させていただいています。他社のホームホワイトニングシステムと比べ、薬剤ジェルがマウスピースから漏れにくく、使用中のお口の中の不快感が非常に少ないことが最大の特徴です。また、歯にとても優しい成分を使用していますので、治療中の知覚過敏を起こしにくいという特徴も併せ持ちます。

施術の流れ

1.

当院にて歯石の除去等を行ない、お口の中をキレイに清掃します。

ホワイトニングは、虫歯や歯周病のない状態で行う治療です。
比較的大きな虫歯があった場合は、ホワイトニングの薬液によって、痛みが誘発されて治療できません。歯周病があった場合は、歯茎からの出血により、血液が混じって薬液の効果が出ません。そのため1回目は口腔内診査(歯石除去&PMTC)及びカウンセリングや食事制限の説明をいたします。これにより本来の歯の色に戻ります。

歯石の除去

2.

歯型をとり、患者さんの歯並びに合ったマウスピースを作ります。

マウスピース

3.

そのマウスピースを一度合わせてみて、薬剤の使い方や1日の使用時間などの説明を受けて帰宅します。

薬剤の使い方

4.

変色の程度にもよりますが、約2週間~1ヶ月間続けます。

1日2時間以内

5.

1週間に一度来院して頂き、歯の状況やマウスピースが変型していないか定期的にチェックして衣きます。

茶色く変色した歯の内部を白く-ウォーキングブリーチ

上の症例は、歯の中にある神経が死んでしまったことで生じる変色です。これは通常のホワイトニングでは改善することが出来ません。歯の神経(歯髄)を取った後、歯の中に歯を白くする薬剤を入れ、変色した歯を内側から白くさせます(ウォーキングブリーチ法)。これにより確実に白い歯を取り戻すことが可能になります。

黒ずんだ歯茎をピンク色に-ガムピーリング

喫煙される方の多くは歯茎が黒ずんでいますが、これはメラニンによるものです。メラニンは刺激から身体を守ってくれる色素であり、喫煙者の歯茎が黒いのは、タバコの煙に含まれる刺激から守るためにメラニンがたくさん生産されることに原因があります。また、歯茎が黒ずむ原因は喫煙だけではなく、かぶせ物に使用される金属が溶け出し歯肉に沈着してしまう事でも引き起こされます。
上記のようなことが原因で黒ずんでしまった歯茎の色は、特殊な薬剤を利用することで改善し、元の綺麗なピンク色まで回復させることが出来ます。

歯の「色と形と歯並び」をセラミックで改善

ホワイトニングは薬剤を使って歯を白くする方法になりますが、セラミック(陶器)の詰め物・被せ物を利用して歯を白くする方法もあります。ホワイトニングと異なり、理想の色合いを追求でき、かつ、歯の形、歯並びまでも改善できます。詳細は白い詰め物・被せ物に記載がありますので、ぜひご覧ください。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 24時間WEB予約

ご予約・お問い合わせ

03-6913-2685

〒 177-0041
東京都練馬区石神井町3-25-3 本橋ビル201

受付時間
10:00〜13:00 × × ×
14:30〜20:00 × 〜17:30 × ×

休診日 木曜・日曜・祝日

humanity

このページの先頭に戻る