レーザーによる歯周病「短期集中治療」/再生療法|石神井公園歯科クリニック|夜8時・石神井公園駅1分の歯医者

〒 177-0041
東京都練馬区石神井町3-25-3 本橋ビル201

  • 03-6913-268503-6913-2685
  • メール相談
受付時間
10:00〜13:00 × × ×
14:30〜20:00 × 〜17:30 × ×

休診日 木曜・日曜・祝日

キービジュアル

レーザーを活用した「短期集中治療」

一般的な歯周病治療は
数ヶ月」かけて行います。

当院では数回で終了させる
「短期集中治療」を行っています。

また、溶けてしまった骨を
再生させる「骨再生療法」

下がってしまった歯肉を綺麗に
回復させる「歯肉移植術」も実施。

「総合的」に歯周病を改善させ、
美しさも取り戻したい方、
お問い合わせください。

忙しい方へ朗報!~短期集中治療のご紹介

レーザー

通常、中等度以上進行した歯周病の治療は6回程度に分けて治療を行います(治療期間:1~2ヶ月)ので、来院回数や治療期間もどうしても伸びてしまいます。
また、歯周病菌は約2週間で再増殖しますので、治療途中にすでに治療した部位が再発してしまうことも稀にあります。

当院では1回(約3~4時間)の治療時間を長くとり、数回で治療を完了させる「短期集中治療」を行っています。この治療は、お口の中から完全に歯周病菌を駆除し、再感染を起こす隙を与えず、治療効果を大幅に引き上げる治療法です。

具体的にどのような治療をするのかをお伝えします。

「レーザー/殺菌水」を利用した短期集中治療

細菌

歯周病は「感染症」であることはご存知でしたか?

つまり、「細菌」が歯周病の根本的な原因なのです。この細菌を除去するため、歯垢や歯石を物理的に除去するほか、目に見えない「細菌」までにもアプローチが大切になります。

具体的には、殺菌効果のある「POICウォーター」、そして「半導体レーザー」を駆使した処置を行います。

  • POIC
  • レーザー2

この治療法は、短期間かつ再発しにくい、そして痛みを伴わない治療が出来るので、患者さんの精神的、身体的苦痛を軽減させることが可能です。それぞれの効用を具体的にお伝えします。

レーザー治療:光線力学療法
「PDT(フォトダイナミックセラピー)」

レーザー

まず、歯周ポケット内部にバイオジェル(光活性剤)を入れます。
次に歯周ポケット内部に光エネルギーを約1分間照射します。大まかな流れはこれで終了です。痛みはありませんし、非常に短時間で行えます。

このバイオジェルは光感受性物質と言い、光を吸着すると 化学反応が起こり活性酸素を発生させることができ、これが細菌を破壊してくれます。

「レーザー」という言葉を聞くと、患者さんのなかには身体に与える影響を心配される方がいらっしゃいますが、みなさんが想像されるレーザーとは異なり、当院が使用しているレーザーは医療用に開発されたものですので身体への影響は問題ありません。

歯周病にレーザーを利用することで得られる効果は下記になります。

効果1治療時間の大幅な短縮

従来の歯周病治療では、歯周病菌の温床となっている歯石を「手作業」で削っていましたので、どうしても時間が掛かってしまい、短時間での治療を希望されるビジネスマンの方にとっては負担の大きなものでした。それに対して、レーザーを使うことで、従来法では届きづらかった深いポケットや複雑な形態のポケットにも到達殺菌することが可能となり、治療効果は格段に高まります。

効果2殺菌効果

従来の歯周病治療では取り除くことが難しいとされていた歯周病が出す毒素(内毒素)の除去さえも、殺菌効果を持つ歯科用レーザーにとっては簡単です。また、治療と同時に患部への殺菌・消毒効果もありますので、治癒経過も非常に良好になります。

効果3痛みがほとんどない

レーザー光には強いエネルギーがあり、1,000度を超える熱が発生しますが、わずか1万分の3秒という短い単位で照射されるため、痛みがほとんどありません。麻酔を打たなくても治療できるケースがほとんどです。

POICウォーターによる殺菌

当院では細菌やウイルスに対して強い殺菌力を持つ「POICウォーター」という機能水を活用した殺菌治療を併用して行っています。

治療時にPOICウォーターを使用することで、歯周病のそもそもの原因である「歯周病菌」を効果的に殺菌が可能になります。

歯周病が進行してしまった方向け「骨再生療法」

診療5

歯周病の悪化に伴い、歯を支える骨は歯周病が出す酸によって溶かされていきます。これは見逃すことのできない問題です。なぜなら、歯を支える土台が少なくなれば歯がグラグラし始め、最終的には歯が抜けてしまうからです。

失われた骨は何もせずに自然と元のように再生することはありません。しかし、「歯周組織再生療法」を施すことで歯周病によって失われた骨を再生させることができます。当院で行っている骨再生治療は、「エムドゲイン法」というものです。

エムドゲイン法

エムドゲインは歯周病で骨が無くなってしまった部分に詰めておくと骨が再生するとされている新歯科材料です。

この治療法では、歯科新素材を使用するため、身体への安全性について患者さんからご質問されますが、身体への悪影響はありませんのでご安心ください。

見た目が悪くなってしまった
「歯肉を綺麗に整える」治療も実施

歯周病が原因で、歯槽骨とよばれる歯を支えている骨が減ると、それに伴い歯槽骨を覆っている歯茎も一緒に下がってきます。歯茎が下がることで、見た目が悪くなることはもちろんですが、虫歯や歯周病になりやすくなり、知覚過敏の原因にもなります。

この下がった歯茎を、昔のように健康的な歯茎に戻す治療を「歯茎再生療法(歯肉移植術)」といいます。また、逆に、歯肉を切除し歯肉のバランスを整えることも行います。この治療をしっかり行うことで不測の事態の回避(詰め物・被せ物の早期脱落防止、虫歯・歯周病の再発防止)や、より一層の美しさを手に入れることができます。

下記の写真は当院での歯茎再生療法(歯肉移植術)の症例です。

Case①「根面被覆術」
~下がった歯肉に健康な歯肉を移植①

  • 治療前
  • 治療後

担当医からのコメント

担当医1

歯周病の進行に伴い、歯茎が退縮したため歯の根が露出してしまっていました。根面被覆術により、歯茎の退縮が改善され、知覚過敏の解消とともに見た目もよくなりました。

Case②「歯冠延長術」
~歯茎のライン・歯の長さを整えます

  • 治療前
  • 治療後

担当医からのコメント

担当医13

歯冠延長術では、ガムライン(歯茎の高さ)を修正して歯の長さを揃えたり、形を修正することにより審美性を確保します。

最後に―治療プランを
「ライフスタイルに合わせて調整」します

会話

歯周病治療をする際、まずは治療計画を作成しますが、その段階で、患者さんのライフスタイル等をしっかりとお聞きし、無理のない形でプランニングします。例えば、患者さんの時間が多くとれる時は1回の治療時間を長くとりますし、歯科医学的に問題のない範囲で一気に治療できる部分は一気に行い来院回数を減らすなどのプランニングが可能です。また、突発的に出社しなければならないという事も多々ありますので、その情報が事前に分かっていれば、そのような事態になったとしても対応できるプランニングを作成します。

まずは貴方のライフスタイルを詳しく私たちにお話しください。
共に負担のなく、かつ効果のある治療計画を立案させて頂きます。

痛みが少ない歯周病治療を!
「ぺリソルブ」

当院では「ぺリソルブ」というものを利用し、痛みなく歯垢や歯石を除去し、そして細菌までを融解させ除去する治療を行っております。

歯周病の基本治療には歯垢や歯石を特殊な機械を利用して物理的に除去する工程があります。
物理的に歯についた固い歯石を取り除くわけですから、多少なりとも痛みを感じることがあります。
しかし、ペリソルブを使うことでその硬い歯石を融解するので、歯肉を傷つけることない歯周治療が可能です。
更に歯肉を傷つけないことから治りも早く、歯肉炎の腫れなども早く引きます。

ぺリソルブ

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 24時間WEB予約

ご予約・お問い合わせ

03-6913-2685

〒 177-0041
東京都練馬区石神井町3-25-3 本橋ビル201

受付時間
10:00〜13:00 × × ×
14:30〜20:00 × 〜17:30 × ×

休診日 木曜・日曜・祝日

humanity

このページの先頭に戻る