「安い」10万円~/金属のバネがない「目立たない」入れ歯|石神井公園歯科クリニック|夜8時・石神井公園駅1分の歯医者

〒 177-0041
東京都練馬区石神井町3-25-3 本橋ビル201

  • 03-6913-268503-6913-2685
  • メール相談
受付時間
10:00〜13:00 × × ×
14:30〜20:00 × 〜17:30 × ×

休診日 木曜・日曜・祝日

キービジュアル

10万円~「目立たない」入れ歯を得意としています。

様々な種類をご用意しています。
きっとあなたに合う入れ歯が
見つかるでしょう。

  • 治療前
  • 治療後

自信を持ってお勧めする「目立たない」そして「噛める」入れ歯

入れ歯治療を求められる患者さんのご要望は「目立たない入れ歯が欲しい」。
そして「噛める入れ歯にしたい」の2つです。

入れ歯というと、噛めない、外れる、恥ずかしいというイメージが付いて回りますが、今の入れ歯は進化していますので、マイナスイメージは薄れつつあります。

当院の入れ歯制作のコンセプトは「目立たない」そして「噛める」の2つです。
ここでご紹介する入れ歯はすべて「目立ちません」
そして「目立たず・噛める」入れ歯もご紹介しますので、ぜひご覧ください。

目立たない入れ歯

  • 治療前
  • 治療後

当院では目立たない入れ歯として「ノンクラスプデンチャー」というものをご用意しています。ノンクラスプデンチャーというのは「金属のバネがない」入れ歯の総称を言います。
入れ歯が目立ってしまうのは、入れ歯を支えるための「金属のバネ」が原因です。
これが目立たないようになれば、「入れ歯を付けていることに気づかれません」。

ノンクラスプデンチャーにも入れ歯を支えるための装置があるのですが、金属ではなく、歯肉の色になじむピンク色の樹脂を利用しますので目立ちません。

ノンクラスプデンチャーは様々なメーカーがあります。
それぞれ特徴があり、当院ではあなたのご要望(修理しやすい、耐久性がある等)に合わせたメーカーをご提案させていただいております。一部ご紹介します。

スマイルデンチャー

スマイルデンチャー

スマイルデンチャーは非常に透明感があるため、歯茎の色とよく馴染み口元が綺麗に見えます。また素材の性質上、強度と柔軟性があるために、薄く作ることができます。そのため口の中での違和感が少なくなります。

ビューティーデンチャー

ビューティーデンチャー

ビューティーデンチャーに使用する「レイニング樹脂」は低吸水性(変色しにくい・臭いがつきにくい)と耐久性を併せ持つ素材です。さらに、保険の入れ歯と比較して、残留モノマー(体に有毒な物質)の溶出はなく過敏症アレルギー症で困っておられる方にお勧めしております。

バルプラスト

バルプラスト

アメリカで50年の歴史があります。特徴としては、歯の付け根部分にうまくはまり込み、密着します。ナイロンに近い素材のため、滑らかで柔らかく、割れる心配がありません。ただし、入れ歯を入れる隙間が5mm以上ないとできない場合があります。

ミラクルフィット

ミラクルフィットは金属部分がないだけでなく「ポリカルボネート」という特殊な樹脂100%でできています。この樹脂は、プラスチックの中で最も高い耐久性をもちながら、ガラスと比較されるほどの透明感を兼ね備えてるため、機能性が高いだけでなく、見た目にも美しい入れ歯です。また、軽くて小さい入れ歯が作製でき、24時間装着していても、違和感や圧迫感がない快適な入れ歯です。

また、それぞれのノンクラスプデンチャーをより快適にご利用いただくため、2つのオプションを付けることができます。それぞれご紹介します。

―オプションのご紹介―

【ノンクラスプデンチャー+シリコン

ノンクラスプデンチャー

「ノンクラスプデンチャー+シリコン」とは、ノンクラスプデンチャーの裏側にシリコンを貼り付けたものです。シリコンは、ゴムのように軟らかく弾力のある素材ですので、これをオプションとしてつけていただくことで次のようなメリットがあります。

  • 歯茎が痛くない
  • シリコンが痛みを軽減するので、硬いものを噛むことができる
  • 他の入れ歯よりも外れにくい(シリコンの吸着性による)

入れ歯が「痛い」「すぐに外れてしまう」「物をしっかり噛めない」という方にオススメのオプションとなります。

【ノンクラスプデンチャー+金属

ノンクラスプデンチャー

「ノンクラスプデンチャー+金属」は、金属で補強し、たわみを減らしたものです。金属は体に優しい「チタン」や「コバルトクロム」を利用します。次のようなメリットがあります。

  • 通常のノンクラスプデンチャーよりも安定するため噛みやすい
  • 金属を利用するためより薄く作ることができ違和感が少ない
  • 熱を伝えるため食事が美味しく感じる

しかし、「金属」を利用するため、下記のようなデメリットも存在します。

  • 金属を利用するためスマイルデンチャーのメリットである柔らかさは軽減される
  • 金属を利用するため重量感がある

「目立たない」「しっかり噛める」入れ歯

当院では、「インプラント+入れ歯」のインプラントオーバーデンチャー、そして「磁石+入れ歯」の磁性アタッチメント義歯、茶筒の原理を利用した「コーヌスクローネ義歯」をご用意しております。こちらも金属のバネを利用しませんので目立ちません。また、しっかり入れ歯を安定させる仕組みがありますので、物をしっかりと噛め、外れにくく非常に安定した入れ歯になります。

「インプラント+入れ歯」のインプラントオーバーデンチャー

オーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャーとは、2~4本のインプラントを埋入し、現在使用している入れ歯をしっかり安定させる治療法です。
患者さんが自由に取り外しできるためメンテナンスが非常に簡易で、大きな外科手術を必要としないため全身的な負担も少ない治療法です。

「磁石+入れ歯」の磁性アタッチメントデンチャー

アタッチメントデンチャー

お口に残っている歯根に金属を装着し、入れ歯に設置した磁石と吸着させ、入れ歯が外れないようにするのが磁性アタッチメント義歯になります。金属のバネが構造上必要ないため目立ちませんし、異物感もほとんどなくなります。

「茶筒の原理+入れ歯」のコーヌスクローネ義歯

コーヌスクローネ義歯は歯科先進国ドイツで開発された特殊な入れ歯です。残っている天然の歯に金属の被せ物をかぶせ、その上から入れ歯を装着します。金属のバネがありませんので、他人から入れ歯をしていることを知られる心配は一切ありませんし、「痛い・噛めない・外れる」ということもありません。

満足していただく入れ歯を製作するために

患者さんに満足していただく入れ歯を製作するために大切なこと。それは1つ1つの工程をいかに丁寧に行えるかです。
入れ歯製作には複数のステップを踏むため、ちょっとのズレが積み重なることで最終的にはお口に合わない入れ歯が出来上がってしまいます。そのため、各工程のズレをなくすこと。これが一番大切ですし、基本です。

それ以外に当院がこだわりを持って取り組んでいる作業工程をご紹介します。

診断用義歯を利用し
「理想の形態」を探る工程

院長

良い入れ歯の条件には様々ありますが、「しっかり噛めて」「長持ちすること」が基本になります。

これを達成させるためには、様々な精度の高い工程を踏む必要があります。その中でも大切な工程は「噛み合わせの調整」です。

一般的な入れ歯製作では、上下の歯型を取って入れ歯を作製しますがそれでは十分ではありません。なぜなら、その状態で作られた入れ歯は、「何もしていない状態」に合わせた入れ歯のためです。もっと言ってしまうと「お話をしている状態」「食事をしている状態」の顎の動き・筋肉の動きを反映させていない入れ歯ですので、どうしても問題が生じます。

これがしっかり調整されていないと、どんなに高価な金属を使った入れ歯であっても「痛い・噛めない・外れる」入れ歯が出来上がってしまいます。

当院では、この普段の生活で生じるお口の様々な動きを「診断用義歯」というものを利用し情報を収集していきます。

image1

ここまでご説明すると、「どのようにして普段の生活のお口の動きを、入れ歯に再現するの?」と疑問に思われると思います。

従来法の入れ歯では、すぐに型をとって入れ歯を作製しますが、当院では、まずは本番用の入れ歯を作製する前に「診断用義歯(リハビリテーション用の義歯)」を作製し、それを普段の生活で装着していただくことで、「会話している状態のお口の動き」や「食事中のお口の動き」をその入れ歯に記録していきます。その情報を元に、問題箇所を随時改善していきます。

「入れ歯を装着するだけでそのような記録を採れるの?」と疑問に思われるかもしれませんが、この入れ歯は特殊な構造をしており、お口の様々な動きを記録することができるのです。

この改善を複数回行うことで、お口にあった入れ歯の構造が判明します。その構造を本番用の入れ歯に反映させることであなたに合った入れ歯が完成します。

つまり、診断用義歯(リハビリテーション用の入れ歯)で本来あるべきお口の状態に改善したあとに初めて本番用の入れ歯を作製していきますので、当然、非常に安定した入れ歯が出来上がるのです。もちろん入れ歯をセットした後の微調整も大切になります。

口元の美しさも調整し、
「貴方らしい美しさ」を表現します

歯は皆様が思われているよりも「個性」があり、その方にあった「形態・色」が存在します。そして、その個性を最大限表現することで、あなたの理想の口元に可能な限り近づけることができます。

分かりやすい例として「歯の形態」の違いよる印象の変化をご紹介します。

ナチュラル型

ナチュラル型

日本人に多いタイプで、前歯の先端が直線上にある歯と、ない歯とが混在しています。最も無難で自然な歯並びです。口を小さく見せる効果もあり、若々しい印象を与えます。

ストレート型

ストレート型

白人に多いタイプの歯並びで、前歯の先端がすべて直線上にあるので、口元をくっきりと強調することができます。

クローズ型

クローズ型

日本人の女優さんに多いタイプの歯並びです。前歯の先端はすべて直線上にありますが歯と歯に多少の重なりがあることが特徴です。女性的な印象をもっと強調したいという人に向いていると言われます。

スマイルライン型

スマイルライン型

下唇のラインと前歯のラインが平行になっているのが特徴です。 世界的に好まれる並びで、ハリウッドスマイルとも呼ばれています。

このように「歯の形態」の微妙な違いによって、その人の印象を変えてしまう事があります。

当院では、患者さん一人一人に話を聞きながら、その方の希望、そして個性をしっかりと把握し、入れ歯を作製しています。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 24時間WEB予約

ご予約・お問い合わせ

03-6913-2685

〒 177-0041
東京都練馬区石神井町3-25-3 本橋ビル201

受付時間
10:00〜13:00 × × ×
14:30〜20:00 × 〜17:30 × ×

休診日 木曜・日曜・祝日

humanity

このページの先頭に戻る