痛みを抑えた虫歯治療|神経を残すドックスベストセメント|石神井公園歯科クリニック|夜8時・石神井公園駅1分の歯医者

〒 177-0041
東京都練馬区石神井町3-25-3 本橋ビル201

  • 03-6913-268503-6913-2685
  • メール相談
受付時間
10:00〜13:00 × × ×
14:30〜20:00 × 〜17:30 × ×

休診日 木曜・日曜・祝日

キービジュアル

当院では患者さんの精神的・
肉体的負担を最小限に抑え、
そして、「歯の寿命を可能な限り延ばす治療」を
行っています。

モットーは「痛みを抑え」「削る量を最小限に
神経を守る」治療です。

また、当院では今話題の
ドックスベストセメント」を利用しています。
歯を削る量を最小限にし、かつ、
通常であれば歯の神経を除去
しなければならないケースでも
神経を残すことが可能になります。

ドック

可能な限り「痛みを抑えた」虫歯治療

診療

最新の研究により、以前では考えられない程、痛みを感じにくい治療法や機器が開発されています。患者さんからも大変好評をいただいている、その方法をご紹介いたします。

Step1「表面麻酔」を使用

表面麻酔

麻酔は痛いもの。こんなイメージを持たれている方は多くいらっしゃいます。これを回避するため、当院ではひと手間かけ、表面麻酔と呼ばれる手順を踏んでおります。
あらかじめ注射を打つ部分に麻酔液を染み込ませることで、注射時の痛みを感じずに麻酔を行うことができます。

Step2「極細の針」を使用

針

麻酔の針は細ければ細いほど痛みは軽減されます。
当院では極細の針を使用しているので、ほとんど痛みを感じず、いつ注射されたのかも分からないくらいです。

Step3「電動麻酔注射」の活用

注射

麻酔の注入速度によっても痛みが出てしまう場合があります。急激に注入すると細胞が膨張し、痛みが出てしまうのです。
当院では一定の量を一定のスピードで注入することが可能な、「電動麻酔注射」という機器を使用し、理想的な状態で注入します。場合によっては手動の方がいい時もあるので、きちんと診断し、「電動麻酔注射」と「手動」を使い分けています。

可能な限り「削らない」虫歯治療

歯は一度削ってしまったら元には戻りません。つまり、治療をすればするほど歯はなくなっていくのです。繰り返していくうちにどんどん削る部分がなくなっていく。

最終的には「抜歯」という選択が待っています。

天然歯に勝る歯はこの世に存在しない
当院はあなたの持って生まれた歯を守るため、可能な限り削らず、神経を残す治療を徹底していきます。この章では、そんなこだわりの取り組みを紹介します。

取り組み1「高倍率拡大鏡やマイクロスコープ」による視野拡大

ドック

歯を削る量を最小限に抑えるには、治療部位を「しっかりと目視できる」ことが最も大切になってきます。また、歯の治療は非常に繊細を極め、数ミクロン単位での治療精度が求められます。そのため、高倍率拡大鏡マイクロスコープなどの拡大機器を利用し、常に視野を拡大させ、細かい部分までしっかりと確認できる状態で治療を行います。「肉眼」ですと、どうしても見える範囲に限りがあるので、より細かい部分まで見ることで、削る量を最小限に抑えることを可能にします。

歯を削る際は、より操作性の高い「高倍率ルーペ」を利用し、最終チェックで高倍率ルーペよりもより拡大率が高いマイクロスコープを利用することで、しっかり削れているか、何か問題がないかを確認します。

下の画像を見てみて下さい。

  • 治療前
  • 治療後

これは、「肉眼」と「マイクロスコープ」の視野を比較した画像となります。左の画像が肉眼、右の画像がマイクロスコープの視野です。どちらの方がより精度の高い治療ができるかは一目瞭然です。

取り組み2極小ドリル「MIバー」の利用

MIバー

歯はバーと呼ばれる「ドリル」で削ります。このドリルが大きいとその分、必要のない部分まで削れてしまいます。当院では、MIという「歯をできるだけ抜かず、削らずに治療を行おう」という考え方から生まれた極小のドリルを使用し、削る歯の量を最小限に抑えています。

取り組み3虫歯感染部位を教えてくれる
「う蝕検知液」

う蝕検知液とは、虫歯の部分のみを赤く染める薬剤です。虫歯治療を行う上で一番大切なのは、虫歯に感染した部分をしっかり除去することですが、通常は虫歯の硬さを頼りに、「軟化象牙質」という軟らかくなった部分を削っていきます。この方法では、どうしても「勘や経験」に頼った治療になってしまうので、感染部位を正確に除去することはできませんし、場合によっては、健康な歯まで削ってしまうこともあります。

しかし、このう蝕検知液を使うことで、感染した部分が赤く染まりますので、どこまで虫歯を削ればよいかが分かり、歯を削る量を最小限に抑えることができます。

取り組み4コンポジットレジン治療|1日で治療が終了し、かつ、白い素材

最近ではコンポジットレジンを利用した治療法を選択される患者さんが多くなりました。

  • 治療前
  • 治療後

一般的に虫歯治療の際に利用する「詰め物」は銀歯をイメージされるかと思いますが、当院では銀歯だけでなく、白い素材のコンポジットレジンを患者さんにお勧めしています。 その理由は下記になります。

  • 銀歯よりも歯を削る量を少なくできる
  • 白い素材なので銀歯と比べ見た目がいい
  • 1回の来院で治療が終了

取り組み5削るのではなく、柔らかくして除去する治療法「カリソルブ」

カリソルブとは、虫歯に感染した部分だけを柔らかくしてしまう特殊な薬剤で、柔らかくなった部分を専用器具を使って除去します。「削る」のではなく「柔らかくして除去する」という治療法です。歯を削る時の音・振動が苦手な方にお勧めです。

カリソルブ

カリソルブ治療の留意点

この治療は、歯を全く削らないわけではありません。
カリソルブを感染部位にしっかり充填させるための広さを確保するため、歯の表面を若干削ることもあります。カリソルブは象牙質にのみ作用する薬剤ですので、虫歯の感染が神経まで到達している場合は、この治療を行うことができません。

可能な限り「神経をとらない」虫歯治療

当院では「ドックスベストセメント」と呼ばれる医療先進国のアメリカで開発されたミネラルで虫歯菌を殺菌するという歯科材料を利用し、「可能な限り歯を削らず、かつ、神経を残す」という治療法を取り入れています。

従来までの治療法であれば、虫歯に感染した神経は除去することが一般的でしたが、歯の神経を除去してしまうと、歯に栄養が行き届かなくなるため、どうしても歯の耐久性がなくなってしまう問題がありました。

しかし、ドックスベストセメントを活用することで、通常であれば歯の神経を除去しなければならないケースであっても神経を残す治療ができる可能性が高まります。

可能な限り「抜歯を回避する」虫歯治療

虫歯が進行してしまうと最終的に抜歯となります。
しかし、エクストリュージョン法を用いることで、抜歯せずに歯を残すことが可能になる場合があります。

この方法は、歯根挺出術とも言い、矯正治療の1つです。歯茎の下にある歯根を歯茎の上に露出させることにより、かぶせ物の「土台」を立てることが可能になります。また、この方法は、抜歯しないで歯を残すことが出来るだけでなく、その歯の予後(経過)が良くなることが期待できます。

  • オフィス2
  • オフィス3
  • オフィス4

エクストリュージョンを行っている医院はそう多くはありませんので、この方法を利用すれば抜歯を回避できたケースでも、抜歯になってしまっている歯が多くあります

※もちろんすべての歯を抜歯せずに対応できるわけではありません。

当院では「虫歯が進行=抜歯」ではなく、「虫歯が進行=エクストリュージョン」を第一選択としていますのでこれまで多くの歯を救ってきました。

他院で抜歯と言われてしまった方、歯をなるべく残したいとお考えの方は、一度、当院までご相談ください。

詰め物・被せ物―お好みに合わせて様々な種類をご用意

虫歯治療後に使用する詰め物・被せ物には様々な種類があります。

良く知られているのは、「銀歯」と呼ばれているもので、これは保険適用の素材で「安価」であることにメリットがあるのですが、
「見た目」「金属アレルギー」「耐久性」「精度」などにおいてデメリットがあります。

かわって保険適用外(自費治療)の素材は、保険適用の素材と比べ「審美性」「体への優しさ」「機能性」「耐久性」「精度」などにおいて様々なメリットがあります。

当院では患者さんのお口の状態、お好みなどをお伺いし、もっとも適切な素材をご提案させていただいています。詳しくは白い詰め物・被せ物または料金表をご覧ください。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 24時間WEB予約

ご予約・お問い合わせ

03-6913-2685

〒 177-0041
東京都練馬区石神井町3-25-3 本橋ビル201

受付時間
10:00〜13:00 × × ×
14:30〜20:00 × 〜17:30 × ×

休診日 木曜・日曜・祝日

humanity

このページの先頭に戻る